依頼がバレるのか

依頼したら分かってしまうの?

パートナーの浮気調査を探偵に依頼するにあたり、不安なことと言えば、依頼したことがパートナーに知られてしまわないかというところですよね。
浮気を疑っているだけでも、ケンカの原因になってしまってもおかしくないのに、更に探偵に頼んでいることまでバレてしまったら、関係は修復不可能にもなりかねません。
やましいことがある場合、逆ギレする恐れもあります。
または、完全に開き直ってしまうかもしれません。
いずれにせよ、状況としては良いとは言えません。

 

探偵の方々も、学校に通い、技術を学び、それなりの場数を踏んでいるはずですが、安心して任せてください、と言われても、何を信じて良いのか分からないかと思います。
「100%絶対にバレない」と、言い切ることは難しいことです。
だからこそ、探偵会社選びから、慎重に行うべきです。

 

実績のある大手の探偵事務所の場合、調査員の数も多いです。
これは、かなり重要なポイントです。
尾行などの調査において、パートナーに怪しまれてしまったとしても、すぐに別の調査員が対応できる体制が整っているからです。
少人数の小さな探偵会社の方が、バレてしまうリスクは高くなってきます。

 

通常の調査は、最低2名体制です。
調査員のどちらともが、素人に近いような技術しかないということも、ほぼあり得ません。
必ず、ベテラン調査員を用意してくれるはずですから、安心して良いでしょう。
そういった対応をしてもらえないような探偵会社には、最初から依頼をするべきではありません。またこの業界は小規模事務所よりも大手の探偵事務所の方が探偵料金も良心的です。

 

いくら探偵会社が最善の注意を払っていたとしても、執拗にパートナーの行動を知ろうとしたりすることで、怪しまれてしまうケースもあります。
調査前に、なるべく短期間で証拠を掴みたい気持ちも分かりますが、パートナーを無駄に刺激するような言動は控えましょう。

 

調査途中で探偵に依頼していることがバレてしまうと、警戒して過ごすようになってしまいます。
そうすると、取れる証拠も取れなくなるので、バレないようにするのは、探偵会社だけでなく自分にも責任が課せられているということに、留意しましょう。