浮気調査の失敗

浮気調査が失敗するケースとは?

浮気調査というのは、探偵業務の中でも失敗が許されない業務です。

 

一度相手に気づかれると警戒されてしまい、尾行したり、密会現場を撮影するのは困難になります。

 

相手が浮気をするときも完全に油断していて周りを全くみない人である場合や調査員が優秀な場合はほぼ失敗することはありません。

 

優秀な探偵は尾行の技術も撮影の技術も優れています。尾行1つとっても、距離を置いて(距離を置きすぎると見失う)決して相手の視界に入らないようにします。

 

ところが無名で能力のない探偵事務所に依頼してしまうと、浮気調査の失敗確率は格段に上がります。

 

まず、尾行が下手なため、たとえば車で追尾するときにずっと真後ろにつけたりします。間に車が入ると右折や左折についていけなかったり見失う可能性があるからですが、当然、ずっと同じ車がつけていると気づく人は気づきますよね。

 

徒歩による尾行のときも、距離が近すぎて、対象者から「何か用ですか?」と問い詰められる調査員さえいます。プロ失格ですよね。

 

ここまでひどいケースはなくとも、相手が視線をなんとなく感じて、浮気相手とホテルに入るのを辞めたりといったケースは往々にしてあるものです。

 

最悪なことにこういったケースでも悪徳探偵や無名探偵は調査が失敗だったとは認めません。

 

「会ってはいましたが浮気はしていませんでした」と報告するだけです。つまり浮気の証拠を抑えられなかった上に、依頼者は浮気はなかったと騙されたまま生活していく可能性があるということです。

 

一度、浮気調査が失敗すると、次は別の探偵に依頼しようという人もいますが、いくら優秀な探偵でも、警戒している相手を調査して証拠を撮るのは難しくなります。

 

ですから最初の調査、最初の探偵選びが重要です。

 

優秀な探偵事務所の選び方

優秀な探偵事務所だと、まず探偵の数や所有している車の数が違います。

 

1名で浮気調査をするのと3名で浮気調査をするのはどちらが簡単か。火を見るよりも明らかですよね。

 

1名だと前述したとおり、尾行の際に同じ人物がずっとついていることになります。

 

3名だと、A探偵がついて、しばらくしたらB探偵、次はC探偵と尾行役と先回り役を交代できるので、バレる可能性はほぼなくなります。

 

優秀な探偵事務所は、規模が大きいというのが特徴です。

 

そして規模の大きさをみるのは対応可能地域を見ればわかります。全国対応の探偵事務所はそれなりに余力があるということ。逆に○○という地域しか調査できないという探偵事務所は人員に余裕がない可能性が高い。

 

また支店の数、口コミサイトで取り上げられているかも参考になります。

 

当サイトでは、これらのことを考慮して探偵事務所をピックアップしています。掲載している探偵事務所は条件を満たしたもののみ。

 

もちろん相性が合うかどうか、探偵事務所の料金が予算に合うかも大切なので、実際に依頼するかどうかは面談をした上で決めていただきたいですが、探偵選びの参考になれば嬉しいですね。