慰謝料請求

お金で解決

浮気という形で、パートナーに裏切られてしまった方には、相手に慰謝料請求する権利があります。

 

数十万円〜数百万単位のお金を請求できますが、これは浮気をされたことによって受けた精神的苦痛に支払われるものなので遠慮する必要はありません。

 

ただし、すべての慰謝料請求が認められるものではありません。相手が浮気を認めず、証拠がないと裁判所も支払いを命じてくれません。

 

だから、浮気をされた側が、希望通りの金額を手に入れるためには、きちんとした段取りが必要になってきます。

 

具体的には相手に浮気を認めさせて文書や録音を残すか、探偵を使って浮気の証拠写真を手に入れることです。

 

相手が浮気相手が認めてくれれば、話もスムーズに行くのですが、知らん顔されてしまうと、裁判で争うことにもなってしまいます。内容証明を送るという手もありますが、どちらにせよやはり必要となってくるのは、浮気があった事実を証明できるような証拠です。

 

パートナーから誘ったにせよ、浮気相手が誘惑したにせよ、不貞行為があったということが重要なのです。その証拠さえあれば、有利に出ることができます。

 

証拠を手にいれる前に相手に追及してしまうと、警戒して浮気調査が難しくなってしまいます。探偵の料金が上がることもあります。下手なことは言わずに最初から探偵に相談したほうが良いです。

 

精神的ダメージ大きくても頑張るしか無い

浮気をされてしまうと、想像を絶する苦痛を味わうことになります。そのショックも大きいですし、人間不信に陥るでしょう。そして、食事も受け付けなくなってしまったり、心療内科に通院することになってしまうケースもあります。

 

そういった精神的苦痛を、少しでもお金で埋めることができたなら、あとは時間が解決してくれるはずです。離婚を考えていない場合でも、こういったことがきっかけで、夫婦の絆が深まる場合もあります。

 

精神的なダメージを受けている中、こういった段取りを踏むのは、多大な心労を伴うことと思います。しかし、ここは踏ん張りどころです。

 

精神的なケアをしてくれる専門医や、証拠を集めてくれる探偵会社、全面的なサポートをしてくれる弁護士など、それぞれの分野にプロはいますから、それを上手に利用しましょう。

 

 

証拠を手に入れた後、誰に慰謝料請求するか

さて、その慰謝料ですが、パートナーに請求するのか、浮気相手に請求するのか、というのも考えなければならないところです。

 

浮気相手に慰謝料請求する場合、パートナーが既婚者であることを隠しており、浮気相手もそれを気付くことができないようなケースだと、慰謝料請求は、難しいです。そして、既に夫婦関係が破綻している場合でも、同様です。

 

ただし、多くのケースでは浮気相手にも過失ありとして慰謝料の支払いを命じるケースが多いです。

 

パートナーに慰謝料請求をする場合は夫婦関係が既に破綻していたのでなければ証拠さえあればOKです。