裁判で使える証拠

裁判では調査報告書が一番良い

浮気をされている、そう感づいただけでも問い詰めたくなるのが普通です。
しかし、確かな証拠を掴むまでは、気付いても気付かぬふりを貫きましょう。
しばらくの間、油断させておいて、泳がせておくという訳です。
そうすることで、証拠を掴みやすい状況を作ります。

 

さて、「法的に証明される証拠」についてですが、裁判に持ち込んだ時に、浮気相手との不貞行為つまり肉体関係があったということ証明できるというのが定義になります。
物的な証拠というのは、第三者が見ても、浮気をしていたということが分かるので、とても重要です。

 

裁判となると、正式な調査報告書があった方が良いでしょう。
これは、探偵会社に依頼すると作成してもらえることができます。
サンプルは、インターネットでも見ることができ、そのクオリティの高さには驚くことと思います。
パートナーの行動が時系列で、写真と一緒に事細かにまとめられています。
誰とどこで何をしているのか、まるでその場に立ち会っていたかのように分かります。

 

いざ、その報告書を見たら、ショックは相当大きいことでしょう。
しかし、メールのやりとりやレシートなどよりも、その効力は絶大なものです。
受けるショックが大きいものほど、いざという時の武器となってくれます。

 

たとえば、暗い場所であったとしても、特殊な機材を使用することによって、パートナーが誰と一緒にいるかなども鮮明に写し出されます。
また、ビデオ撮影をしている場合もあります。
これも、法的に有効な重要な証拠です。

 

探偵会社では、裁判も見据えた調査報告書を作成してもらえるので、大いに活用すると良いでしょう。
依頼者が、より有利になるようにサポートしてくれるので、きっと支えとなってくれるはずです。