浮気の相談

相談すべき?

浮気をされているということは分かっていても、証拠を掴むのはなかなか難しいことです。探偵に依頼しようかと考えるケースも、珍しくはないでしょう。
しかし、探偵に依頼するという行為は、日常生活においてよくあることではありません。
まさか自分の身に、そんなことが降りかかってくるとは、という感じでしょう。

 

そして、探偵に依頼しようと思っても、なかなか即決できることではありません。
探偵費用の面での心配や、パートナーにバレてしまうのではないか、いざ浮気相手との写真を目の前に突き出されたら、自分がどうなってしまうのか・・・など、様々な不安があると思います。

 

探偵に依頼するということは、ある程度、浮気に確信が持てるような心当たりがあるということですよね。
こういった場合、大抵当たっています。
だからこそ、いざという時の武器となる証拠をお守りとして持っておくのが良いです。
離婚するにせよ、しないにせよ、言い逃れできない浮気の証拠は押さえておいた方が、後々、どう転んだとしても、持っておいて損はありません。

 

頭の中では分かっていても、浮気相手との仲睦まじげに寄り添っているような写真やホテルを出入りするような写真は、目を背けたくなることでしょう。
探偵が撮影してくる写真というのは、とても鮮明です。

 

しかし、ここで逃げてしまっては何の解決にもなりません。
パートナーの心を正すためにも、ここは踏ん張りどころではないでしょうか。
だからこそ、調査のプロである探偵の力を借りることは、何も間違っていません。

 

また、探偵に依頼するとなると、費用の面の心配もあると思います。
そういった不安な部分も、依頼をする時の見積もりで相談してみれば良いでしょう。
浮気調査にも慣れているので、その手の相談もたくさん受けてきているので、きっと親身になって、一緒に考えてくれるはずです。

 

浮気の証拠を掴むには、金銭的にも精神的にもダメージがありますが、一番に自分のことや子供がいる場合は子供のことを最優先に考えましょう。

浮気が発覚した場合、浮気相手から詰める方が良いのか?

パートナーの浮気発覚後、問い詰めたくなる気持ちが生まれるでしょう。

 

ただ、ここで浮気の事実を認めさせて、もう二度としません、と約束すれば解決でしょうか?

 

それは、何の意味もありませんし、一度裏切られてしまうと、言葉だけでは信用することは難しいです。
そして、その場では本当に反省してくれたとしても、時が経てば同じことを繰り返す可能性もあります。

 

では、浮気相手を責めれば解決でしょうか?
浮気相手を責めたくなる気持ちも分かります。

 

しかし、嫌な思いをするだけで、おそらく何の解決にもなりません。
感情だけで動いてしまっては、むしろ不利になってしまうことだってあります。

 

信じていた人に裏切られてしまったら、取り乱すのは当たり前です。
そこをグッと我慢して、いったん冷静になりましょう。

 

感情をぶつけても、良い結果は生まれません。
むしろ、にっこり笑って許すくらいの方が、こたえるものです。

 

浮気をするのにも、それ相応の理由があるかもしれません。
もちろん、結婚しているのに他の人と深い関係になってしまうのは、許されるべきことではありません。
安らぎが欲しかった、優しくされたかったなどと理由がある場合、パートナーに100%の非があるとも、なかなか言い切ることができません。

 

まずは、浮気をされたという事実を受け止め、今後どうしたいのかを考えるのです。
別れるのか、やり直すのか・・・

 

どういう結論を出すにせよ、やっぱり必要なのは証拠なんです。
パートナーも浮気相手も、認めざるを得ないような確固たる証拠です。
証拠を提示することで、パートナーにも浮気相手にも、その事実を認めさせます。
それから初めて、第一歩を踏み出すことができます。