証拠写真

複数の写真

浮気を証明するうえで、最も大事な証拠についてです。
パートナーにも、浮気相手にも言い逃れをさせないことができるのは、写真です。

 

浮気を知るきっかけになるのは、メールや電話の履歴、レシートなどでしょうが、それだけでは、浮気の証拠としては弱いです。
確かに、浮気していることは、誰が見ても一目瞭然かもしれません。
しかし、裁判などで争うとなると、何の効力も発揮しないというのが事実なのです。

 

それでは、どういった写真が証拠となるのでしょうか?
写真も、ただ単にツーショットの写真を手に入れただけでは何の意味もありません。
パートナーが他の異性と、そういう写真を撮るだけでも憤りを感じるところでしょうが、不貞の証明にはなりません。

 

一番分かりやすいのは、ホテルや浮気相手の自宅を出入りする写真ですが、もしも、慰謝料や離婚を請求しようと考えているのであれば、たった1回のホテルの写真だけでは、希望が通らない恐れがあります。
ホテルの場合でも、結婚式を挙げるようなホテルやシティーホテルなどの場合は、浮気を証明することは、難しいです。

 

また、浮気相手の自宅に出入りしている場合でも、それだけで不貞行為と断定することはできません。
少し部屋にお邪魔してお茶していただけ、なんて白々しい言い訳ができるからです。
だから、ラブホテルを出入りする写真やホテルや自宅の滞在時間、電気が消えていたなど、そういったことも併せて調査できるのがベストです。
1回でも良いのですが、
数回に渡って、それを証明することができれば、浮気を立証できる完全な証拠となります。
ただ、これらの証拠集めは、素人には到底無理です。
尾行や撮影には、高度な技術を必要とします。
素人が下手に動いてしまうと、逆効果になってしまいます。
ましてや、パートナーに気づかれてしまったりすると、事態は最悪な展開を迎えるでしょう。

 

だから、実績のある探偵会社に依頼してみるのもひとつの手です。