浮気の証拠

証拠の種類と量

浮気の証拠にも、種類がたくさんあります。
たとえば、パートナーと浮気相手が2人で宿泊したホテルや旅館の領収書、食事のレシートなどは、一見浮気の証拠のようにも見えますが、これは、ただ単に誰かと2人で過ごしていたことを証明するだけであって、肉体関係があったかどうかまでは、分かりません。

 

パートナーが異性と同じ部屋で、しかも2人きりで泊まっていたのであれば、浮気は間違いないと考えるのが普通だとは思います。
しかし、浮気の証拠で大事なのは、誰が見ても不貞行為があったとされるような証拠でなければなりません。

 

ただ、そういった細かな証拠が何の役にも立たないという訳ではありません。
自分でできる範囲での調査も、もちろん大事なことです。
決定的な証拠に付け加えることのできるプラスアルファの要素にはなります。

 

証拠において、重要なのは「継続性」です。
パートナーが、一回限りではなく継続的に不貞行為を犯していることが証明できれば、それが確固たる証拠となります。

 

ホテルや浮気相手の自宅、旅館など、泊まったり、二人きりの時間を過ごすというような行為を何度も繰り返していることが分かる写真やビデオが有効です。
それに加えて、先ほど述べたような領収書などが、効力を発揮してくれます。

 

そして、パートナーに浮気の事実を認めさせることも、証拠にできる場合があります。
ここで注意するポイントとしては、いざ慰謝料請求などで争った場合に、言った言わないと、揉めるパターンも多いということです。

 

だから、やはり写真などの動かぬ証拠が必要になってきます。

 

動かぬ証拠が1枚あればいいですが、継続的な証拠があったほうが慰謝料が高くなる傾向があります。ただし、探偵料金が高くなりすぎると慰謝料を取れても本末転倒です。その点は注意しましょう。