証拠の掴み方

写真が重要

パートナーが怪しいと感じて、浮気しているのかどうか、白黒はっきりさせたいというのであれば、自分でできる範囲で調べることはできます。
手帳やケータイ、レシートなど、浮気をしている場合、どこかしらに痕跡がのこっているはずです。

 

ここで注意するべきポイントは、怪しんでいることを気付かれないようにすることです。
疑われていると分かった時点で、証拠を残さないように上手く浮気をしてしまいます。
そうすると、収集できる証拠も隠滅されてしまう恐れがあります。

 

盗聴でもできれば手っ取り早いのですが、盗聴は犯罪行為です。
浮気の事実を確認することができても、法的に認められない証拠になります。
犯罪行為を犯してしまうと、本題から外れてしまい、不利になるだけです。

 

たとえば、レシートひとつ取ってみても、飲食店に2人で行っていたということだけが分かっても無意味です。
その日は残業をしていた、などの矛盾が生じれば、そのレシート1枚でも浮気の証拠としての効力が生じます。
ただ、これはあくまで他の色々な証拠と組み合わせることで、ひとつの証拠となるのであって、これだけでは弱いのです。
継続的に特定の異性と会っている事実を抑えることが大事です。

 

素人ができる範囲はこれくらいでしょう。
長く付き合いのあるパートナーの異変に気付くのも、第六感的なところはあるかと思います。
しかし、誰が見ても浮気をしていたという事実が分かる証拠というのが、絶対に必要です。

 

写真やビデオが一番言い逃れができないので、そういった調査は、無理に自分でやろうとするのではなく、プロにお願いするのが良いでしょう。